アパレルは派遣で働こう|自分らしい働き方を模索する

婦人

事前の準備と少しの意識

女の人

即戦力として働ける人材に

アパレルブランドの販売員として派遣で就業する際に、幾つか気をつけておくと良い点があります。まずは、派遣先となるアパレルブランドの特徴やデザインのコンセプト、ターゲット層などを事前に調べておくことです。ホームページで確認したり、実際に店舗を見に行くことで、それらの情報を自分なりに収集しておきましょう。これらは、実際に就業した際に、接客に役立つだけでなく、他のスタッフと会話をする際のきっかけにもなります。店舗のイメージなどが掴めたあとは、自分自身がその店舗で働くに相応しい外見であるかを見直しましょう。髪の色やメイクアップなど、取り扱う商品のイメージや購入者層と合っているか分からない場合は、そのアパレルブランドの商品が掲載されている雑誌を見ることで、幾つかのヒントを得ることができます。アパレルブランドの販売員としての個性も必要ですから、自分らしさとブランドらしさが上手く協調できるように、色々と試してみましょう。派遣で働く場合は、即戦力としての能力が求められます。事前に派遣先の情報を収集し、自分でできることは活用しておくことで、即戦力として活躍できます。

挨拶の重要性

では、就業してからは何に気をつければ良いでしょうか。一番大切なことは、挨拶です。アパレルブランドの場合、店舗の営業時間が長いため、大半がシフト勤務制です。各スタッフと出勤時間が異なる場合もあるため、どんな時間帯であっても笑顔で挨拶をすることが大切です。また、就業先に従業員用の通用口などがある場合、そこに在駐している警備員にも、しっかりと挨拶をしましょう。警備員は意外と従業員の様子を見ているので、無視をしたり、日によって態度が変わるようなことがないように意識することが必要です。警備員の家族や知り合いが、これから働くアパレルブランドのお客様である可能性もあります。いつでも、どこでも笑顔でいる必要はありませんが、就業する店舗の周りでは、仕事のスイッチをONにするように心がけることで、仕事に対する姿勢も変わり、それは実務にも必ず反映され、評価につながります。

Copyright© 2016 アパレルは派遣で働こう|自分らしい働き方を模索する All Rights Reserved.